閉じる

第2回アトツギ甲子園開催!中小企業長官賞は「文具の力で 日本の地方を変える」の福井県「株式会社ホリタ(ホリタ文具)」堀田 敏史氏に決定

投稿:2022.03.12

第2回アトツギ甲子園開催!中小企業長官賞は「文具の力で 日本の地方を変える」の福井県「株式会社ホリタ(ホリタ文具)」堀田 敏史氏に決定
中小企業庁は、3月12日(土)に「第2回アトツギ甲子園」を開催致しました。ファイナルでは、全国の中小企業の承継予定者(アトツギ)総勢138名の中から選ばれた15名のファイナリストによりプレゼンテーションが行われ、審査委員による審査の結果、「文具の力で 日本の地方を変える」の福井県「株式会社ホリタ(ホリタ文具)」堀田 敏史氏が最優秀賞に輝きました。

堀田 敏史氏には、中小企業長官賞が授与されます。

■最優秀賞(中小企業長官賞)受賞者
「株式会社ホリタ(ホリタ文具) 堀田 敏史氏」


■優秀賞受賞者
「斎藤塗料株式会社 菅 彰浩氏」

■優秀賞受賞者
「早川しょうゆみそ株式会社 早川 薫氏」


≪アトツギ甲子園とは≫
中小企業の承継予定者を対象に、新規事業のビジネスプランを競うピッチイベント。スタートアップのピッチイベントとは違い、どのように既存の経営資源を活用してどのような事業展開をしようとしているのかという点も審査指標になっているのが特徴。

以下、受賞者一覧となります。
■「最優秀賞(中小企業庁長官賞)」(一位)

「文具の力で 日本の地方を変える」

株式会社ホリタ(ホリタ文具)

堀田 敏史氏

http://horita-bungu.jp/


■「優秀賞」

サブカル造形の救世主!伸びる塗料の「ウレヒーロー」

斎藤塗料株式会社

菅 彰浩氏

https://www.saito-paint.co.jp/

■「優秀賞」

Misoを世界へ 食文化を融合させる和のスパイス

早川しょうゆみそ株式会社

早川 薫氏

https://hayakawa-sm.com/


《第2回アトツギ甲子園ファイナリスト一覧》

■目指すは世界一の木製金属レス車椅子メーカー
株式会社山上木工(北海道)
山上 裕一朗
https://yamagamimokko.com/
北海道の網走郡津別町を拠点に創業72年。山上木工の3代目。1月初旬に足首を骨折&靭帯断裂。初めての手術・車椅子生活を送る中、病室で見たアトツギ甲子園のプレイベント。震えた。「これしかない!」とその場で応募。稚拙に見える発表タイトルは冗談でなく本気。フルスイングで臨みます。オホーツク津別町から世界へ。

■創業 76 年の文具店のピンチをチャンスに変えたDX カンパニーへの挑戦

~事業承継と同時に中小企業 DX 支援企業へ~
株式会社高山(宮城県)
高山 智壮
https://www.tkym.co.jp/
2022年1月11日に事業承継し、代表取締役に就任しました。
父との価値観感の違いによる葛藤。古参社員との意識の違いによる対立。
旧態以前のビジネスモデルの衰退。度重なる試練を乗り越え、私達は
文具屋からDXカンパニーへ4か月間で生まれ変わることが出来ました。

■「アナログ+デジタル融合技術 形見品リペア・クリーニング」
株式会社佐藤製作所(東京)
佐藤 修哉
あまり大勢の場で競い合うのは得意ではないのですが、お世話になっている方々から「出てみたらどうか」とご紹介頂いたので参加させて頂きました。良い経験になることを期待しております。よろしくお願いします。また、審査員の方々が存じ上げている素晴らしい方々でしたので、それも参加の理由の一つです。藤野さんには一度出版された書籍の勉強会でご一緒させて頂いたことがあります。


■社会が生み出す「障害」をテクノロジーで解消!【e スポーツ編】
テクノツール株式会社(東京)
島田 真太郎
https://www.ttools.co.jp/
テクノツールは 1994 年の設立以来、社会課題の解決に挑んできました。身体、主に上肢の機能に制限がある人たちの社会参加をテクノロジーでサポートしています。今回は e スポーツ(テレビゲーム)関連事業を紹介し、多様な人たちが暮らしやすい社会づくりに関心のあるパートナーを見つけたいと思っています。

■作り手と買い手をオンラインで直接つなぐ、オーダー家具のプラットフォーム
有限会社細田木工所(東京)
細田  真之介
https://sense-of-fun.com/
家具業界の多重下請け構造を変革し、作り手と買い手をオンラインで直接つなぐオーダー家具のプラットフォームを構築します。
作り手にはより良い働く環境を、買い手にはより良い購入体験を。オーダー家具をスタンダードにすることで、良いものを長く使いながら、家具を捨てない文化を作ります。

■お菓子屋さんの第3収益元の創出 “お菓子の自動販売機設置支援事業”sweet vending machine
株式会社愛起(愛知県)
多久田 篤希
https://www.aiki-pack.com/
弊社は創業72年目の食品包装資材卸売業を営む会社です。東海3県で地域密着商社としてお菓子の分野に多くのお客様とお取引があります。弊社の企業ビジョンは日本一のお菓子屋さん応援企業になること。新規事業を通じて東海3県を飛び出し、日本一のお菓子屋さん応援企業を目指します。

■文具の力で日本の地方を変える
株式会社ホリタ(福井県)
堀田 敏史
http://horita-bungu.jp/
祖父母や両親から受け継ぎ、70年以上積み上げてきたものを生かして、社会を本気で良くしたい。「文具」が持つ教育性や文化性、どの世代でも愛着を持てる身近さや大衆性。
そんな価値あるものを扱っている私たちだからこそ、社会を大きく変えることができる。
ホリタが「地方の子育てママ」が抱える社会問題を解決します!

■ALL OSAKA MADEのユニセックススニーカーブランドbrightway
株式会社インターナショナルシューズ(大阪府)
上田 誠一郎
http://www.inter-shoes.com/
アトツギ甲子園の参加にあたって目標が3つあります。
1.自社の経営資源を生かした商品・ブランドを知っていただくこと
2.弊社を支えて下さる社内メンバー・お取引先様への想いの発信
3.家業への想いをすべて社会に届けること
この3つを達成できるよう想いのすべてを伝えたいと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

■サブカル造形の救世主伸びる塗料のウレヒーロー
斎藤塗料株式会社(大阪府)
菅彰浩
https://www.saito-paint.co.jp/
「ウレヒーローの勝負はいつなのか?」という質問に「今年爆発させたい」と答えたところ、「ではアトツギ甲子園に」とアトツギ仲間が背中を押してくれました。会社のみんなのためにも、ウレヒーローのためにも、応援してくれる方のためにもがんばります!
 
■アフターコロナの新常識看板コンサルティング
常磐精工株式会社(大阪府)
喜井翔太郎
https://www.tokisei.co.jp
私は飲食店などで使用されるサインディスプレイツールを製造するメーカーのアトツギです。コロナの影響によって大きな打撃を受けた外食業界を1日でも早く復活させるため、国内NO.1の看板生産能力を活かして、アフターコロナにおいて必要な集客ツールと衛生ツールをトータルでサポートする新サービスを提案します!

■創業 40 年の食材宅配サービスで培った「日常食×人×利便性」を活かした心にゆとりを育む飲食店
株式会社フードサポート四国(愛媛県)
藤田大智
https://yoshikei-dvlp.co.jp/mat/
◆家業の食材宅配サービス:四国で40年以上続けている「『日常食×人×利便性』の仕組み」
◆私の強み:東京で5年間、経営コンサルティングやFC本部での新規事業開発など、多彩な経験で培った「総合力」これらを合わせ「お客様や社員、関わる方々みんなが心にゆとりを育める」ランチタイム限定の独自の飲食店を提案します。

■肉屋が肉屋のために余剰在庫をREBORN
魚久精肉総本店(福岡県)
中村拓也
https://butcher-kurume.business.site/
久留米市の食卓から学校給食・飲食店の厨房まで精肉をお届けして一世紀、精肉店のアトツギです。コロナ禍で売れ残りを抱える同業者の悲鳴を聞き、先代らが培った老舗のノウハウと調理師である私をリソースとして余剰品を付加価値ある商品に再生するサービスを始めます。地域の食を担う同志と共にコロナ不況を吹き飛ばします

 ■釣り人の「面倒」と釣り具屋の「暇」のマッチング
株式会社まるきん(佐賀県)
金子太郎
https://www.marukin-net.co.jp/
はじめまして、九州の釣り具屋の3代目です!
釣りしたことあります?楽しいですよね!
けど、結構準備も後片付けも大変ですよね。
他にも原因があるけれど、そういったことから釣りを辞める人も多いく、その原因を解消しつつ、ついでにお店の新規軸も作れないかと思い応募しました!よろしくお願いいたします!

■AIスピーカーで「シニア・ファースト」高齢者DXを推進した”SDGs11/17”
「住み続けるまちづくり」
株式会社パナポートクツカケ(大分県)
沓掛陽洸
https://ps-hp.jpn.panasonic.com/ps/search/14403767/
格闘技やスロットに明け暮れ路上の伝説と呼ばれた20代前半。
そろそろヤバイと思ってイヤイヤ手伝った家業(田舎の電気屋)。
お客様の暖かさに触れるうちに電気工事や接客の面白さに気づき、家業と地元を消滅させたくないと強く思った。そんな魅力ある地元を残していくために、田舎の電気屋ができること!


■Misoを世界へ食文化を融合させる和のスパイス
早川しょうゆみそ株式会社(宮崎県)
早川 薫
https://hayakawa-sm.com/
宮崎の地元の味を一世紀以上守ってきた企業が、世界に向けても挑戦しています。
 不可能といわれた「無添加の粉末みそ」を5年間で独自開発し、熟成した旨みの調味料を提案、新しい和の食文化を提案する事業を現在構築しています。
「伝統」と「革新」を大切にし、職人の思いを紡ぎながらの事業構築は可能性にあふれています。



 《 第2回アトツギ甲子園審査委員一覧》

・株式会社スノーピーク代表取締役会長 山井 太 氏

・株式会社COTEN 代表取締役CEO 深井 龍之介 氏 

・ニッセイ・キャピタル株式会社 代表取締役社長 安達 哲哉 氏

・神⼾⼤学 産官学連携本部 教授 熊野 正樹 氏

・Forbes JAPAN Web編集長 谷本 有香 氏

 

イベント概要
(1) 日 程
2022年3月12日 (土)13:00~18:00

(2) 会 場:品川グランドホール(オンライン配信あり)

(3) 参加費:無料

https://atotsugi-koshien.go.jp/event/kanran_moshikomi/

(4)タイムスケジュール
12:30 開場
13:00 開会式
13:10 ピッチ
16:30 トークイベント
17:00 審査会/最優秀賞決定
17:30 閉会式

(5)特典
◆最優秀賞
・大手メディアに掲載される可能性
・アトツギベンチャー経営者とのメンタリング機会の提供

◆ファイナリスト
・アトツギ甲子園公式サイトの特設ページへの記事掲載
・ファイナリストまでに事業ブラッシュアップのメンタリング機会の提供
・新規事業アイデアの実現に向けた補助金の活用機会(上限200万円・補助率2/3を補助する補助金)
※対象は小規模事業者に限ります。なお、中規模事業者含む中小企業者に対しては、ものづくり補助金審査における優遇を予定しています。
※補助金の目的に合致するか等の審査は別途行います。
※令和3年度補正予算の成立が前提となります。

 

(6)「第2回アトツギ甲子園」
コンセプトムービー:https://youtu.be/WcCaKquCIFY
公式&エントリーページ:https://atotsugi-koshien.go.jp/

<本件に関するお問い合わせ>

「アトツギ甲子園」運営事務局

TEL:03-6899-3413

受付時間:9:00~17:00(土日祝日を除く)

MAIL:info@atotsugi-koshien.go.jp

SNSでシェアする

第二回アトツギ甲子園に
エントリーする

挑戦資格はたった1つ

39歳以下の
中小企業の
後継者・後継者候補であること

※1982年以降に生まれた方対象

  • 下の緑色のボタンから必要事項を入力して送信▶ アトツギ甲子園から応募書類をメールで返信致します。
  • 応募書類をメールで送信してエントリー完了。
エントリー者をチェック

アトツギが新規事業で
描く未来と熱量を競う1日

全国各地の中小企業の後継者・後継者候補(アトツギ)が、
新規事業アイデアを競うピッチイベントです。

想像してください。
先代から受け継ぐ経営資源を活用して、あなたがあなたらしい新規事業を立ち上げる。
あなたの事業を通して、誰かがハッピーになっている。誰かが苦しんでいた社会課題が
少しだけ解決している。そして何よりあなた自身が熱狂している。

「まだ実績が出ていない」「まだ事業化できていない」
大丈夫。そんなあなたもこのステージに挑戦してください。

その一歩を踏み出した人にしか見えない世界があります。
過去の挑戦者はいずれも事業化を加速させ、アトツギとして熱狂する世界を
実現しています。

言葉にしたことしか実現しない。
あなたが見たい景色はあなたが語るんだ。
アトツギこそイノベーターであれ